2019-05-23

APRINOIA Therapeutics社がパーキンソン病の研究に対してMichael J. Fox財団から助成金を授与される

神経変性疾患の治療薬と画像診断薬のパイプラインを持つ臨床段階のバイオテクノロジー企業であるAPRINOIA Therapeutics社は、本日、Michael J. Fox財団からパーキンソン病のαシヌクレインPETイメージングトレーサー研究のための研究開発助成金(MJFF)を授与されたと発表しました。

APRINOIAは、タウやα-シヌクレインを含む凝集タンパク質構造をターゲットとする独自の小分子化合物プラットフォームを確立しました。 APRINOIAは、その化合物ライブラリーから、αシヌクレイン凝集体に選択的に結合しそしてPET造影剤として有用であり得る分子のサブセットを同定した。臨床的なαシヌクレインPETトレーサーは、パーキンソン病、レビー小体型認知症、および多系統萎縮症を含むαシヌクレイン関連疾患の正確な診断、およびそれらの疾患の患者に対する治療薬開発促進に有用である。

APRINOIA Therapeutics社のCEOであるMing-Kuei Jangは、次のように述べています。「私たちは、MJFFからこの賞を受賞したことを光栄に思っており、財団からの支援に非常に感謝しています。この賞は、現在の産業界および学術界の共同研究者とともに、当社のαシヌクレインプログラムの進展を加速させるでしょう。私たちの目標は、パーキンソン病やその他のα-シヌクレイン関連疾患に関する知識を深め、患者さんのための新しい治療薬を開発するために、医学界や研究界が広く利用できるトレーサーを開発することです。」

APRINOIA Therapeuticsについて

APRINOIA Therapeuticsは、台湾の台北に本社を置き、現在3つの診断薬と2つの治療薬を中心に、タウとα-シヌクレインに関連する脳障害を標的としたパイプラインを開発中です。

当社は、革新的な製品で強力なパイプラインを構築するとともに、製品開発を加速するために世界および地域のパートナーとの強力なコラボレーションを構築することを約束しています。当社は現在、台湾、中国本土、および日本で事業を展開しています。

マイケルJ・フォックスパーキンソンの研究財団について

財団の詳細については、https://www.michaeljfox.org/をご覧ください。