2020-12-16

APRINOIA TherapeuticsがタウPETイメージングトレーサー開発に関するコラボレーションを締結 

APRINOIA Therapeutics Inc.は、本日、Biogen Inc.(Nasdaq:BIIB)に対して、神経変性疾患用のAPRINOIAの陽電子放出断層撮影(PET)イメージングトレーサー18F-APN-1607の臨床使用に関する世界的な非独占的ライセンス契約を締結したと発表しました。 これは、脳内の異常なタウタンパク質の蓄積を可視化および定量化するための新しいPETイメージングトレーサーを発見するためのAPRINOIAとBiogenのコラボレーションの拡張です。

18F-APN-1607は、選択性とオフターゲット結合プロファイルが改善された新世代のタウPETイメージングトレーサーです。 病理学的に凝集した状態のタウタンパク質を特異的に認識するように設計されています。 病理学的タウタンパク質は、進行性核上性麻痺(PSP)、前頭側頭型認知症(FTD)、慢性外傷性脳症(CTE)、大脳皮質基底核変性症(CBD)など、アルツハイマー病(AD)およびその他のタウ関連脳障害(タウオパチー)の神経変性に関連しています。18F-APN-1607は、タウの蓄積量を定量化し、さまざまなタイプのタウオパチーにおけるタウの異常の分布を可視化するために使用でき、幅広い臨床的有用性を可能にします。

「Biogenとのコラボレーションを発表できることを嬉しく思います。 両社の専門知識を組み合わせて18F-APN-1607の理解を深め、次世代のイメージングトレーサーを発見することは、実り多いコラボレーションです」とAPRINOIAのCEOであるMing-Kuei Jangは述べています。 「APRINOIAは、18F-APN-1607およびその他のイメージングツールを研究および医学界が利用できるようにして、これらのツールの臨床的有用性を探求し、神経変性疾患の潜在的な治療法の臨床研究を促進することに取り組んでいます。」

APRINOIAについて

APRINOIA Therapeuticsは、現在、独自の低分子および抗体発見プラットフォームから、タウやα-シヌクレインなどの病理学的タンパク質の異常な蓄積に関連する脳障害を集合的に標的とする診断および治療プログラムを特徴とするパイプラインを進めています。 APRINOIAは、革新的な製品のパイプラインを構築するとともに、プログラムを加速するためにグローバルおよび地域の製薬会社とのパートナーシップを構築することに取り組んでいます。 同社は現在、台北、蘇州、上海、東京、ボストンで事業を展開しています。