張明奎

ファウンダー兼CEO

当社のファウンダー兼CEO。台湾大学化学科卒、ボストン大学医学部にて薬理学・神経科学博士号を取得し、ノースウェスタン大学及びコロンビア大学にて神経生理学のポスドク・トレーニングを受けています。それから、米国メルクの神経科学領域の創薬研究所にて、シニア・リサーチ・バイオロジストとして、アルツハイマー病の創薬やバイオマーカー探索プログラムを管理・運営していました。その後、GSK上海へ移り、アルツハイマー病の治療戦略の立案と実行を担うGSK神経変性ディスカバリー・パフォーマンス・ユニットにてアソシエイト・ディレクターを務めています。GSKを離れた後は、当社創業前までヒューストンのMDアンダーソンがんセンターにて、MIT、Baylor、MDアンダーソンの研究者らによるアルツハイマー病創薬コンソーシアムの立ち上げに携わっています。